I Love! ドナルド・トランプ!!

第45代アメリカ合衆国大統領・ドナルドトランプ氏を応援するサイト

トランプ政権・娘婿クシュナー氏上級顧問に就任。ハーバード卒の秀才

 

 

トランプさんを大統領にした男・ジャレッド・クシュナー

ユダヤ系アメリカ人で、やり手の実業家でもあるクシュナーさんは、長女イヴァンカさんの旦那さん。先の大統領選では、重要な選対スタッフとして、トランプさんの当選を支え、また当選後には、政権移行チームの中心人物としても活躍中です。

f:id:freshwater24:20170111082403j:plain sankei.co.jp

 

一部メディアでは、『トランプを大統領にした男』などとも評価されていて、クシュナーさんは、すでに『切れ者』として世界中に名前が知れ渡っています。

 

クシュナーさんは、トランプさんと同じく不動産会社を経営しており、またビジネス誌『ニューヨーク・オブザ-バー』のオーナーでもあります。

 

不動産開発会社の方は、もともとお父様のチャールズさんが、ニューヨークで創業した会社。そのお父様の家系は、正統派ユダヤ教徒として、戦争の最中、ポーランドからアメリカへ逃げ延びた、ホロコーストの生還者家族なのです。

 

 

 

ハーバード卒業の秀才

クシュナーさん自身、ユダヤ独特の反骨精神でハーバード大学を主席で卒業後、ニューヨーク大学でMBA・法務博士号を取得している秀才。

f:id:freshwater24:20170111082446j:plain wikipedia

 

なんでもお父様が、ビジネスの世界でちょっと悪いことをして、2年間の実刑を受けたため、若干23歳の若さで不動産会社の経営を任されたそうです。

 

大統領上級顧問に就任するにあたっては、トランプさんと同じく、自身の会社経営から一切手を引くと宣言していて、その言葉のとおり、1月9日付けで『クシュナーカンパニー』のCEOを辞任しました。

 

同社は世界中の企業と取引を行っていて、クシュナーさんが政権に参加すれば、諸外国との利益相反が問題になるのではないかという声が上がっていることも事実です。

 

クシュナーさんの弁護士はそうした疑念を否定して「クシュナー氏は連邦政府が定める倫理法に従うと誓っている。われわれは、政権に参加するための手続きについて、政府倫理庁(OGE)と協議してきた」と説明しています。

 

外交面でもクシュナーさんの影響力に期待

クシュナーさんは、幅広くトランプ政権に参加することが予想され、特に世界中に友人・知人が豊富な『外交面』でも力を発揮しそうです。

 

トランプ大統領の当選直後には、妻のイバンカさんとともに日本の安倍晋三首相との会談にも同席したことは、日本でも有名ですね。

f:id:freshwater24:20170111082510j:plain sankei.co.jp

 

おりしも、今日1月10日は、クシュナーさんの誕生日。義理のお父様ドナルド・トランプさんから特大のプレゼントを受け取ったクシュナーさん。これから米政権中枢で、どれだけの才能を発揮してくれるのか楽しみですね。

 

 

 

トランプ大統領応援サイト・トップ: